6月6日(日)に行われた子ども食堂の様子をお伝えします。

今回も緊急事態宣言延長の為、お弁当配布のみの会として開催しました。

メニューは焼肉弁当。

子ども達はきっと牛肉が好きなはずだと、濃い味付けでボリューミーなお弁当を調理スタッフが仕上げてくれました。

お味はいかがだったでしょうか?調理スタッフの方々は、毎回みなさんの叱咤激励を望んでいましたので、顔を合わせた際は是非感想を伝えてあげてください。

そして、今回はご近所の麻生医療福祉専門学校の学生が見学兼お手伝いで来てくれました。

彼らも月に1回(只今コロナ禍の為休止中)、専門学校内の食堂を利用して子ども食堂を開いています。対象は東住吉小学校の子どもと保護者とのことですが、毎回60人以上の利用者がいるようです。

十数名の学生で構成された麻生子ども食堂。今回は部長の男子学生から話をお聞きしたのですが、コロナ禍で希薄にならざるを得ない地域間のコミュニケーションを、学生でどうにかサポートできないかと日々頭を悩ませている様子でした。

彼らの子ども食堂との向き合い方はとても刺激になったので、我々山王学舎も地域の人々を繋ぐ居場所として、真面目に取り組んでいかねばと胸を打たれました。

麻生子ども食堂の今後の活動も、是非ご注目ください。

次回、6月20日(日)の子ども食堂もお弁当配布会として開催いたします。

メニューは「コロッケ&メンチカツ弁当」の予定です。

今回も足を運んでくれたみなさん、ありがとうございました。次回もどうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせは特定非営利活動法人山王学舎まで

【電話】092-515-8752
【mail】info@sanno-gakusha.or.jp

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回はイベント中止のお知らせです。

新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が6月20日まで延長された為、6月12日〜13日の「学び舎お泊まり読書会」は残念ですが中止させていただきます。

楽しみにされていた方々には大変申し訳ありませんが、福岡県内の感染拡大も歯止めが利かない状況となっていますので、もうしばらく自粛させていただこうと思います。

ですが、

・6月9日(日)子ども食堂(お弁当配布会)

・6月20日(日)子ども食堂(お弁当配布会)

・6月30日(日)学び舎子ども料理教室

上記イベントは予定通り開催させていただきます。

「学び舎子ども料理教室」は今年度初開催となり、まだ予約も入っていませんので、みなさんのご参加是非ともお待ちしております。

そして、感染拡大防止に専念しつつ、みなさんが少しでも気が休まる居場所を提供できるよう今後とも努めていきますので、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

5月23日(日)に行われた子ども食堂(お弁当配布のみ)の様子をお伝えします。

メニューは煮込みハンバーグ弁当。

今回も調理スタッフ陣がハンバーグ含め、手間ひまをかけて全て手作りで仕上げてくれました。

余りが出なかったので、ぼくはハンバーグを食べることができませんでしたが、とても美味しく仕上がっていたとのことだったので、写真を見て味を想像しておきます。

副菜の白和え、ごぼう煮、煮卵はいただきましたが、いつも前日から丁寧に仕込んでくれている姿を見ているからか、ぼくはより美味しく感じました。

調理スタッフのみなさん、いつもありがとうございます。

ぼくの味覚はひいき目に働いているのか、本当に美味しいのか、保護者のみなさまのお弁当のご感想、ご要望もお待ちしております。

そして、今回もご参加していただいた子ども達、保護者のみなさん、ありがとうございました。

まだまだコロナウイルスの感染者が増加している状況ですので、次回6月6日(日)の子ども食堂もお弁当配布会とした開催いたします。

メニューは子ども達が喜んでくれそうな牛焼肉弁当の予定ですので、ご予約お待ちしております。

お問い合わせは特定非営利活動法人山王学舎まで
電話092-515-8752
mail:info@sanno-gakusha.or.jp
HP:http://sanno-gakusha.or.jp/

山王学舎では、月〜土曜日の16:30〜18:00までは自学時間となっており、学校の宿題や、授業の予習・復習を行ってもらっています。

そして、17:15〜17:30の15分間はおやつ休憩時間。

その日によっておやつの内容は変わりますが、基本的にはスナック菓子が中心です。

ですが、子ども食堂の調理を手伝ってくれている青山さんが、子ども達におやつを作りにも来てくれることもあります。

月に2〜3度、ご自身のお仕事が終わった後に休む間もなく子ども達の為にかけつけてくれる青山さん。山王学舎に通う子ども達にとってはみんなのおばあちゃん的存在で、いつもぼくらを優しく包み込んでくれます。

青山さんが作ってくれるお好み焼きや、ホットケーキ等を囲んで食べた時間を、子ども達が大きくなった時に、ふと思い出してもらえたらいいなと思います。

青山さん、いつもありがとうございます。

お問い合わせは特定非営利活動法人山王学舎まで
電話092-515-8752
mail:info@sanno-gakusha.or.jp
HP:http://sanno-gakusha.or.jp/

5月9日(日)は、子ども食堂の予定をお弁当配布会に変更して実施しました。

今回の唐揚げ弁当も、限定20個でしたが有難いことにすぐに予約が埋まりました。

転校して遠方へ引っ越してしまったご家族もご参加してくれたりと、日曜日の忙しい時間に足を運んでいただきとても有り難く思います。

お弁当配布会は、お弁当の受け渡しのみで解散なので、早くみなさんがゆったり過ごせる子ども食堂が再開できることを願っております。

当日は母の日だったので、調理長・青山さんがお母さんのプレゼント用にチューリップを折り紙で作ってきてくれました。

ささやかなプレゼントですが、この量を作るのは大変だったと思います。子ども達が喜んで持っていく姿が良かったです。

青山さん、いつもお気遣いありがとうございます。

そして、フードバンクさん、NPO法人いるかさんから提供していただいた食材も配布させていただきました。

助かっているという声をみなさんからお聞きするので、我々としても嬉しい限りです。

今回もご参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

次回の5月23日(日)もお弁当配布会の予定です。

メニューは煮込みハンバーグ弁当の予定ですので、ご予約お待ちしております。

お問い合わせは特定非営利活動法人山王学舎まで
電話092-515-8752
mail:info@sanno-gakusha.or.jp
HP:http://sanno-gakusha.or.jp/

緊急事態宣言が福岡県も対象となり、まだまだ気を抜けない状況が続きますが、山王学舎に通う子ども達は毎日元気に過ごしてくれています。

息抜きの場として、山王学舎が生活の一部になっている子ども達が徐々に徐々に増えてきていることが、とても嬉しいです。

16時半から18時までの自学時間では、学校の宿題や授業の予習・復習を行っています。早く自分の宿題を終わらせて自由時間を楽しむ子、自由時間のことを考えるあまり宿題に集中できず、結局自由時間がなくなってしまう子、みんなそれぞれ過ごし方が違いますが、日々おもしろおかしく成長していってくれています。思い返してみると、ぼくも宿題では頭を悩ませていたし、大人になった今でも仕事の要領は良くないので、子ども達の勉強時間と格闘する姿を見ながら、自分も頑張らねばと思う日々です。

そして、今年度から水曜日、木曜日へ移動になった美術・工作の時間では、裁縫プチブームが起こっております。

山王学舎のyoutubeでぬいぐるみを使ったアニメを作ったのですが、それを見た子ども達が縫い物に少し興味を持ってくれたようです。低学年の子達には難しいかなと思いながら始めましたが、玉結び、玉留め等、すぐに習得する子が多く、子ども達の吸収力に驚かされています。いつか山王学舎がいびつなぬいぐるみで溢れることが、ぼくの小さな夢であります。

もちろん裁縫だけでなく、絵を描いたり、ダンボールで工作したり、課題は自由ですので、美術・工作時間に興味がある方は気軽にご連絡ください。

勉強時間のご参加もどしどしお待ちしております。

お問い合わせは特定非営利活動法人山王学舎まで
電話092-515-8752
mail:info@sano-gakusha.or.jp
HP:http://sanno-gakusha.or.jp/

前回の投稿で、5月から「学び舎お泊まり読書会」と「学び舎子ども料理教室」が始まるとご連絡したばかりですが、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が福岡県も対象となりましたので、5月の上記週末イベントは中止させていただきます。

楽しみにされていた方々には大変申し訳ありませんが、福岡県内の感染拡大も歯止めが利かない状況となっていますので、もうしばらく自粛させていただこうと思います。

ですが、5月9日と23日の子ども食堂は、配布のみのお弁当会(17:00〜19:00)に変更して開催させていただきます。

感染拡大防止に専念しつつ、みなさんが少しでも気が休まる居場所を提供できるよう今後とも努めていきますので、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

子ども達は食べることが大好きです。本当はお母さんやお父さんと一緒に料理を作ったり、習ったりしたいのではないでしょうか。

山王学舎の学び舎子ども料理教室では、毎月決められた料理テーマで、子ども達が料理に果敢に挑戦します。そして、何を作るか、下ごしらえ、調理、実食まで、子ども達が中心となってチームで実施します。

どんな料理になっても自分が作った料理はきっとおいしいはずです。

山王学舎の子ども料理教室では、料理テーマに沿った簡単な工作も時に交えつつ、おもしろおかしく進行していきます。

料理が好きな子、手先が器用な子、ただただおいしい料理が食べたいだけの食いしん坊な子、小学生ならどんな子ども達でも参加可能です。

ここで習った料理を子どもがお家で改めて作り、その料理を囲んで家族団らんの場が生まれたらとても嬉しく思います。

ご参加お待ちしております。

【募集対象】小学1~6年生

【参加費】1200円

【参加方法】メール、またはお電話でご予約ください。

お問い合わせは特定非営利活動法人山王学舎まで
電話092-515-8752
mail:info@sanno-gakusha.or.jp
HP:http://sanno-gakusha.or.jp/

このイベントは、読書経験が少ない子ども達でもじっくりと本と向き合えるよう、子ども達が大好きな「みんなと一緒にお泊り」の特別な体験と合わせて、自分が読みたい本や出会いたい本を一日かけて読み通す、読書を通じた宿泊体験です。

各月ごとにテーマを変え、司書資格を持つ講師と参加者のお互いが自分のおすすめの本を紹介し合ったり、読んだ本の感想や絵を描く、複合的な読書体験を行います。

イベントの流れとしては、始まりの会で自己紹介をし合い、その後みんなで夕食をいただきます。

夕食は、山王学舎の先生が子ども達が喜んでくれるようなメニューを毎回考えて準備しています。

読書をする場所は、基本的に自由です。山王学舎の一階と二階の居心地の良い場所を各々で見つけてもらい、読書を行ってもらいます。

低学年の子達に向けては、本の読み聞かせも行っています。担当の先生達の迫力ある読み聞かせを、是非体感してもらいたく思います。

22時の消灯後は、一人ずつに寝袋とランタンを渡し、それを使って夜の時間を過ごしてもらいます。

ランタンの灯りで読書を続けるも良し、読書の邪魔にならない程度であればひそひそ話しもありです。

ちなみに、読書・就寝場所で子ども達の一番人気は2階の屋根裏部屋です。

そして、翌朝はラジオ体操(その日の参加メンバーのやる気次第)から始まり、12時のお迎え時間まで昨夜読んだ本の感想画を描いてもらいます。

一晩を通して本やお友だちと触れ合いながら、本に興味を持ってもらえればと思います。

毎回様々な校区から参加していただいているので、子ども達も初対面同士ばかりです。ですが、すぐに打ち解けて、翌日には距離感が縮まっている印象です。

始めは緊張するかもしれませんが、興味ある方は気軽にご連絡ください。

ご予約お待ちしております。

お問い合わせは特定非営利活動法人山王学舎まで

【電話】092-515-8752
【mail】info@sanno-gakusha.or.jp

4月25日(日)の子ども食堂は、コロナウイルス感染拡大防止の為、お弁当配布会へ変更して実施しました。

子ども食堂中止が続いている近頃ですが、開催を楽しみにしてくれているご家庭の声を多くいただけていることには、とても嬉しく思います。子どもも大人も交流や憩いの場を求めていること、そして山王学舎が生活の一部に寄り添えていることをしみじみと実感できました。

もうしばらく我慢と予防に努め、開催できる日を待ち望んでおきます。

では、当日の様子をお伝えします。

今回のメニューは、「鶏手羽元煮弁当」でした。

調理スタッフの青山さんが前日から仕込んでくれていたので、柔らかく味が染みていて、とても美味しい仕上がりになっていました。。

そして、青山さん以外にも、地域の方々や福岡子ども専門学校の学生さん達がお手伝いに入ってくれました。

去年から急遽始めたお弁当配布会。流れには徐々に慣れてきましたが、短時間で大量のお弁当を一気に準備しないといけない大変さもわかってきましたので、お手伝いのみなさんの力はとてもとても助かります。今回もみなさんのおかげでスムーズに準備することができたので、心から感謝しております。

そして、お弁当以外にもフードバンクやカルビーさんからいただいた食材を無料配布させていただきました。みなさんの食卓が少しでも潤えばと思います。

今回もご参加していただいたみなさん、ありがとうございました。

次回の5月9日(日)もお弁当配布会の予定ですので、お早めのご予約をお願いいたします。

●お問い合わせは特定非営利活動法人山王学舎まで
電話092-515-8752
mail:info@sano-gakusha.or.jp