9月10日(土)の学び舎お泊まり読書会は、新型コロナウイルスが福岡市内で感染拡大している状況を鑑みて、中止させていただきます。

先月に引き続き今月も楽しみにされていた参加予定の皆様、大変申し訳ございません。

まだまだ気が抜けない状況ですので、皆様どうぞお体ご自愛ください。

8月28日(日)に行われた学び舎子ども料理教室の様子をお伝えします。

今回のテーマは「おさかな」。

毎年このテーマの回は、おさかなの三枚おろしと決まっています。料理教室リーダー・バヤ先生が子ども達に、いきものを食べていること、食事のありがたみを考えてもらう一環としても外せないテーマとのこと。魚を怖がって触れない子も中にはいますが、そういった子ども達にこそ、アットホームな山王学舎の料理教室でゆっくりと自分のペースで慣れていってもらいたいと思います。

まず、調理を始める前に、お魚のお勉強を少し。これから触る魚の内臓の仕組み等を先生が説明し、映像を見て三枚おろしのイメージを掴んでもらいました。

気持ち悪いという声もちらほら聞こえていましたが、からだは前のめりで説明を聞く子ども達。その様子からみんな頑張ってくれそうな予感がしました。

そして、実践へ。

生のアジに興奮する子どもたち。初めて生魚を触るという低学年の子はおそるおそるではありましたが、先生と一緒にとても前向きに取り組んでいました。

その他の子ども達も、先生の説明をよく聞き、包丁使いも丁寧に調理を進めていました。

三枚におろした後は、ピンセットで小骨取り。

身も一緒に取らないように、一本一本じっくりと抜いていました。

この地味な作業が好き、という子もいればキリキリする子も。料理の工程で子ども達それぞれの性格が垣間見れて面白かったです。

そしてアジの他に、エビの背ワタ取りも学んでもらいました。これも小骨抜きと近い細かな作業ですが、みんな丁寧に取り組んでくれていました。

最後はキャベツの千切りも細かく細かく頑張ってもらい、フライ定食の完成。

揚げたてのアジフライは別格に美味しかったのではないかと思います。みんな残さず完食していたので、味にも満足してくれていたはずです。

参加してくれた皆様、今回もお疲れ様でした。

お家でお魚を下ろす作業までは、なかなか手伝わせてもらえないかもしれないので、難易度が高かったとは言え良い経験になったかと思います。

新鮮な魚を自分で捌いて食べる。料理人や漁師さん達の無駄のない手捌きは、いつ見てもかっこいいなと思いますし、子ども達もそんなこなれたスキルをいつか習得してもらいたいものです。

そして、魚を捌く工程で、生き物を毎日いただいているということについて、少しでも考えるきっかけになればいいなと思います。

次回は、9月25日(日)テーマは「野菜」です。

皆さんのご参加お待ちしております。ご予約、お問い合わせは以下まで。

【電話番号】092-515-8752

【メールアドレス】info@sanno-gakusha.or.jp

8月27日(土)に行われた子ども食堂の様子をお伝えします。

1ヶ月ぶりの開催となった山王学舎子ども食堂。

今回もおなじみのカレーライスで再開させていただきました。

夏休み最後の土曜日という事もあってか、学校が始まる前にみんなで遊びたい、くつろぎたい様子の子ども達が普段より多く集まってくれました。

常連の子ども達だけでなく、初めて足を運んくれたご家族も数組いらっしゃり、とてもにぎやか夕食時間となっていました。

「同じ小学校だけど話したことがなかった子と、たまたま一緒になり仲良くなれた」という小1男子の声も聞けたので、とても良かったです。子ども達には、この子ども食堂を通して、いろんな人たちと関わってもらえたらいいなと思っています。

そして、今回は福岡こども専門学校の学生さんと、社会人ボランティアスタッフの皆さんが、調理準備から子ども達の見守りまでをお手伝いしてくれました。

明るくハツラツと励んでくれた皆さんの心意気に、とても助けられましたし、子ども達もお兄さん、お姉さんと一緒に遊んで楽しかったのではないかと思います。

ボランティアスタッフの皆さん、ありがとうございました。

そして、前回の投稿でもご説明しましたが、今回は「こども食堂支援団体・チャリティースーツプロジェクト」様からのご寄付を食材費に使わせていただきました。

このご寄付のおかげで、子ども達がおかわりを沢山できるぐらい十分な食事をご用意することができたと思います。

「こども食堂支援団体・チャリティースーツプロジェクト」様、心より感謝申し上げます。このプロジェクトが全国の子ども食堂へ広がっていくよう、我々もご協力させていただきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

以下、「こども食堂支援団体・チャリティースーツプロジェクト」様より

「チャリティースーツプロジェクト」です。

日本の子ども達の温かな食事や居場所の提供に!を合言葉に、使わなくなったスーツを現金化し子ども食堂さんの運営資金へと寄付活動をしています。色んなコトを循環させてみんなを笑顔にSDGsの理念で活動していきます!これからSNSで活動を拡散させていきますので公式LINEに登録お願いします!

最新情報をLINEで配信中!メッセージを受け取るには、公式アカウントを友だち追加してください。

https://lin.ee/KkVM9y6

次回の子ども食堂は、9月4日(日)唐揚げ定食となります。

お電話又はメールでのご予約、どしどしお待ちしております。

【電話番号】092-515-8752

【メールアドレス】info@sanno-gakusha.or.jp

いつも山王学舎をご利用いただき誠にありがとうございます。

毎月2回行っている山王学舎子ども食堂ですが、この度「こども食堂支援団体・チャリティースーツプロジェクト」様からご寄付をいただきました。

「チャリティースーツプロジェクト」は使わなくなったスーツをリユース、現金化し、それを全国各地の子ども食堂へ、運営資金としてご寄付をされているプロジェクトです。

そして、それだけでなく、使わなくなったスーツをリユースしスーツとしての価値を活かし、衣料ゴミとしてではなく、スーツとしての再利用でSDGsの「つくる責任つかう責任」をかなえております。

山王学舎の子ども食堂は、小規模な事業所で行っていますが、毎回参加者のご予約はいっぱいで、皆様が毎回ここでの交流を楽しみにしてくれているお声を頂戴しております。ですので、このチャリティースーツプロジェクト様からのご支援はとても心強く、これまで以上に子ども達、地域の方々がお腹いっぱいで満足いく食事をご用意できるのではないかと思います。

8月16日の回は残念ながら中止になってしまいましたが、このチャリティースーツプロジェクト様の志は、山王学舎に関わる皆様にしっかり還元していくよう努めますので、今後とも山王学舎子ども食堂をどうぞよろしくお願いいたします。

そして、「こども食堂支援団体・チャリティースーツプロジェクト」様、改めてこの度はご支援いただき誠にありがとうございました。

このプロジェクトが全国の子ども食堂へ広がっていくよう、我々もご協力させていただきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

以下、「こども食堂支援団体・チャリティースーツプロジェクト」様より

「チャリティースーツプロジェクト」です。

日本の子ども達の温かな食事や居場所の提供に!を合言葉に、使わなくなったスーツを現金化し子ども食堂さんの運営資金へと寄付活動をしています。色んなコトを循環させてみんなを笑顔にSDGsの理念で活動していきます!これからSNSで活動を拡散させていきますので公式LINEに登録お願いします!

最新情報をLINEで配信中!メッセージを受け取るには、公式アカウントを友だち追加してください。

https://lin.ee/KkVM9y6

こども食堂支援団体・チャリティースーツプロジェクト」ホームページ↓

https://charitysuit-pj.net/

8月16日(火)の山王学舎・子ども食堂は、新型コロナウイルスが福岡市内、近隣の小学校で感染再拡大している状況を鑑みて、中止させていただきます。

ご参加を楽しみにされていた皆様、大変申し訳ございません。

まだまだ気が抜けない状況ですので、皆様どうぞお体ご自愛ください。

尚、8月27日(土)の子ども食堂は現状開催する予定ですので、ご参加のご検討をどうぞよろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人山王学舎 﨑山修平

8月6日(土)の学び舎お泊まり読書会は、新型コロナウイルスが福岡市内、近隣の小学校で感染再拡大している状況を鑑みて、中止させていただきます。

今月も楽しみにされていた参加予定の皆様、大変申し訳ございません。

まだまだ気が抜けない状況ですので、皆様どうぞお体ご自愛ください。

尚、9月は現状開催する予定ですので、ご参加のご検討どうぞよろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人山王学舎 﨑山修平

7月23日(土)は、山王学舎子ども食堂を実施予定でしたが、福岡市内のコロナウイルス感染拡大状況を鑑みて中止とさせていただきます。

我々スタッフもとても残念な気持ちですが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

皆様、体調を崩さぬようご自愛ください。

特定非営利活動法人山王学舎 﨑山修平

7月24日(日)は、学び舎子ども料理教室~冷やし~を実施予定でしたが、福岡市内のコロナウイルス感染拡大状況を鑑みて、今月の実施は中止とさせていただきます。

我々スタッフもとても残念な気持ちですが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

皆様、体調を崩さぬようご自愛ください。

特定非営利活動法人山王学舎 﨑山修平

5月29日(日)に行われた学び舎子ども料理教室の様子をお伝えします。

今年度も「子どもゆめ基金」の助成を受け、料理教室を開催できる運びとなりました。

簡単な工作を交えながら料理に興味を持ってもらえるよう、子ども達と一緒に楽しんで運営していきたいと思いますので、今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

今回の調理メニューは、コロッケバーガー、フライドポテト、バニラシェイク。

子ども達が好きなファストフードメニューを再現してみよう、という目標のもと始まりました。

調理を始める前に、まずは工作からスタート。

バーガーの箱、ポテトの箱、トレイに敷くマット、コップのデザインをオリジナルで作ってもらいました。

トレイマットは、食べる人に楽しんでもらえるようにとクイズや間違い探し等、工夫をこらして描いていました。その他にもかわいいイラストを描いたりと、それぞれがしっかりとデザインしてくれ、とても良いオリジナルセットが仕上がっていました。

そして、メインの調理へ。

じゃがいもの皮剥きと玉ねぎのみじん切りで包丁さばきを学んでもらいました。

はじめは手つきがおぼつかない子達も、2個、3個と皮を剥いていくうちに、手捌きが安定してきて、先生達はとても感心していました。

みじん切りにした玉ねぎは挽肉と一緒に炒め、短冊切りにしたじゃがいもはマッシュ。混ぜて形を整え、コロッケに。

なかなかボリュームのある大きなコロッケが良い香りと共に揚がっていき、子ども達はとても興奮している様子でした。

最後に、バニラアイス、牛乳、バニラエッセンスを混ぜ、バニラシェイク作り。

一番簡単な作業だったと思いますが、みんなやはり甘味を求めていたのか、一番前のめりで作っていた印象です。

そして、ようやく完成したオリジナルバーガーセット。

容器から作ったセットは、見ているだけでも楽しく、そのうえ味も抜群だったようです。毎回、作っても食べ残す子はちらほらいますが、今回は全員完食。

視覚と味覚、共にみんな満足いく仕上がりだったようでとても良かったです。

食べ物の好き嫌いはあっても構いませんが、この料理教室を通じて好きな食べ物が増えていってくれたら嬉しいですね。又、学んだ料理をお家に帰って再挑戦している子もいるようで、そのチャレンジ精神と興味を持つという気持ちは、大人も見習わなければいけないなと思いました。

今回ご参加いただいたみなさん、どうもありがとうございました。

次回は6月26日(日)、テーマは「福岡」です。

餃子をメインにプログラムを進めていく予定ですので、ご予約どしどしお待ちしております。

※ご予約。お問い合わせは以下まで。

【電話番号】092-515-8752

【メールアドレス】info@sanno-gakusha.or.jp

5月22日(日)に行われた山王学舎子ども食堂の様子をお伝えします。

今回のメニューは、シシリアンライス。

昭和50年頃、佐賀市のとある喫茶店で誕生したとされるシシリアンライス。1枚の皿に温かいライスを敷き、その上に炒めたお肉と生野菜を盛り合わせ、マヨネーズをかけたものが基本形。時代とともにそれぞれの喫茶店流にアレンジを加え、今もなお佐賀市内ではご当地グルメとして親しまれているようです。

今回は、地域にお住まいの保護者の方々、九州産業大学、福岡こども専門学校の学生さん達がお手伝いに入ってくれました。

料理の仕込みから、配膳、子ども達の見守りまでお手伝いしていただき、とてもとても助かりました。

尚、九州産業大学では、食品ロスを無くす為、家庭で余っている未使用の食品を集め、必要としている方々に無償で提供する活動「フードドライブ」という活動を行っているようです。

今回はその大学内で集めた食材を、子ども食堂のお客さんにご提供していただきました。使い勝手の良い食材ばかりで、みなさん大変喜ばれていました。

九州産業大学の皆様、心より感謝申し上げます。

初挑戦だったシシリアンライスでしたが、子ども達からは大好評でした。

野菜もバランス良く摂れてとても良いメニューでしたので、またいつかやりたいと思います。

ご利用いただいたご家族の皆様、そしてお手伝いしていただいた皆様、今回もありがとうございました。気兼ねなく利用できる空気を作っていくよう努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

次回の山王学舎子ども食堂は6月5日(日)、メニューは「カレーライス」です。

どしどしご予約お待ちしております。

●山王学舎子ども食堂のご予約・お問い合わせは以下まで

【電話番号】092-515-8752

【メールアドレス】info@sanno-gakusha.or.jp