学び舎 子ども読書の会~食べ物・後編~

, ,

26日、土曜日は学び舎子ども読書の会でした。

前回に引き続きテーマは「食べ物」。

今回の参加者は2人。

この日は、あられが降る程のとても寒い日でした。

2人共、本は持参していましたが、読みかけですぐに読み終わりそうとのことだったので、近所の博多図書館へ本を借りに行くことにしました。風も強く耳が痛くなる程の寒さだったので、走りながら図書館へ向かいました。

図書館では暖を取りつつ本を探し、6冊借りて学舎へまた走って戻りました。

いつもは賑わっている読書会ですが、今回は2人だけなので、とても静かでした。

「なんか寂しいね。」と、ぼそっと呟きながら読書する男子を見て、人数集められなくてごめんよと思いつつ、この静けさと寒さの中での読書も良いものじゃないかと、心の隅では思ってしまいました。それに、普段は騒々しい2人ですが、その日の読書をする横顔はとても大人びていて、哀愁さえ感じてしまいました。

外はあられ模様で午後は遊びに出ることもできず、室内だけの一日になってしまいましたが、個人的にこの日の物寂しい空気感の中でする読書も、子ども達の記憶の断片に置いておいてもらいたいな、と思いました。

読書後の感想画では、先程まで大人びた顔をしていた子は、巨大なプリンが空から攻めて来ているような、とても不思議だけど真っすぐな絵を仕上げてくれました。

読書から絵から、改めて子どもの底の深さを知ることが出来た一日でした。

次回のテーマは「伝記」です。

ご参加お待ちしております。

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です