学び舎子ども料理教室〜お魚〜

8月30日(日)に行われた学び舎子ども料理教室の様子をお伝えします。

今月のテーマは「お魚」。

今年で3年目になる学び舎子ども料理教室ですが、初年度からテーマがお魚の際は、包丁使いがとても勉強になるアジの三枚おろしを行ってきました。

ですので、メニューはアジフライ、それに➕エビフライを作ることにしました。

調理を始める前に、まずは簡単な鯵と海老のお勉強。

これから触る魚の内臓の仕組みや、人間の内臓との共通点をクイズ形式で学んでもらいました。

(ちなみに、8月末に増築工事を終え、↑写真でもわかるように2階に黒板が設置されました。これから、子ども達との勉強やお絵かきで存分に活用していこうと思います。)

そして、実践へ。

毎年参加してくれている子は、手つきや要領も慣れた様子でしたが、中には初めて生魚を触るという子達もいたので、キッチンからはかわいい悲鳴があがっていました。

(これまたちなみに、キッチンテーブルは木製からステンレス製に替り、衛生面の心配が軽減されました。)

アジ特有の硬く鋭いうろこ・ぜいごを削ぎ取る作業は、手を滑らせないか見ていて少しひやひやしましたが、みんなゆっくり丁寧に包丁を進めていました。

骨を切り取り三枚におろす作業でも、身を切りすぎないようにみんなゆっくり丁寧に行っていました。

食べやすいように、小骨もピンセットで取り除いてもらいました。

海老は皮をむき、背わたと腹わたを取り除く下処理を行いました。

海老もただ揚げるだけではいけないのですね。

爪楊枝で取り除くこの作業は、簡単で子ども達も楽しんでいる様子でした。

そして、仕上げの揚げる作業。

キッチンペーパーで水分を取り、小麦粉、パン粉をまぶす作業は工作感覚で楽しんでいる様子でした。

実食では、ご飯も貰いみんなもりもりと食べてくれていました。

ぼくも味見程度に分けてもらいましたが、サクサク、フワフワでとても美味しく揚っていました。

自分で作った出来立ての味は、格別に美味しく感じてくれたと思います。

これを機に魚の三枚おろしを習得し、料理への関心が深まってくれたら嬉しく思います。

そして、家族や友達にそのスキルを存分に自慢してもらいたいものです。

参加してくれたみんな、お疲れ様でした。

次回は、9月27日(日)、テーマは「野菜」です。

●ご予約、お問い合わせは特定非営利活動法人山王学舎まで
電話:092-515-8752
mail:info@sano-gakusha.or.jp

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です