学び舎子ども料理教室~ワンタンスープ~

2月23日(日)に行われた学び舎子ども料理教室の様子をお伝えします。

今回はワンタンスープを作ることになりました。

ワンタンの生地作りから始まり、スープまで。

バヤ先生の「大変だろうけど頑張りましょう!」という掛け声とともに料理教室スタート。

生地作りは、力のいる作業のようで、子ども達の握力ではなかなか大変だったようです。

薄く美味しい生地になるよう、みんな唸りながら頑張ってこねていました。

一方、2階の調理待ちチームは、ワンタンスープに添える中華料理を工作していました。

ワンタンスープ以外の物は工作。

少し無茶振りのようにも思っていましたが、みんな健気に一生懸命取り組んでくれていました。

そんな様子を見て、小学生時代、ポケモンカードを買ってもらえず、カードを自作していた時のことを思い出してしまいました。

ラーメン、チャーハン、餃子、肉まん、中華料理の器の特徴をうまく捉えて、可愛らしい料理が続々と仕上がっていっていました。

そして、一階の調理チームは、仕上げの工程へ。

生地、タネをこねる作業で握力をいっぱい使ったあとの、繊細な包む作業。

小さな手で丁寧に頑張っていました。

こうして調理、工作を終え、いざ実食へ。

頑張って作ったもの達をテーブルに並べ、みんなで美味しくいただきました。

調理、工作ともにみんな頑張ってくれたので、食卓がだいぶ豪華になりました。

本物の豪華さを味わわせてあげられず少し切なくなりますが、それは各々の家族で回る中華テーブルを囲んでもらえると幸いです。

みなさん、本当にお疲れ様でした。

次回は3月22日(日)、テーマは「お祝い」です。

空席残りごく僅かとなっていますので、ご予約はお早めにお願いいたします。

 

 

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です