第9回学び舎お泊り読書会

2月8日(土)~9日(日)にかけて行われた学び舎お泊り読書会の様子をお伝えします。

今回は新規の子ども達が多く参加してくれました。

博多区だけでなく、遠い所からわざわざ足を運んでくれたご家族が多かったので、とても嬉しく思います。

まずは、みんなで夕飯のカレーを食べました。

初対面同士でまだ緊張していましたが、同じテーブルを囲むことで徐々に話がはずんでいっている様子でした。

食後にようやく読書タイム。

自己紹介も兼ねて、それぞれが持ってきた本を紹介してもらいました。

全員恥ずかしがらず、笑顔でしっかり話していたので、とても良い空気が出来てきていました。

お泊り読書会では、福岡子ども専門学校や、佐賀大の学生達に毎回お手伝いをお願いしているのですが、子ども達ともすぐ打ち解け、一緒にのんびりと読書を楽しんでいました。

そして、子ども達にはやはり屋根裏部屋が人気で、今回も密集率が高めでした。

でも、なかなか読書への集中力が持たず、中盤はみんな揃ってお絵描きタイムへ。

読書をしてもらいたい気持ちもありましたが、みんな楽しそうにしているし、これで仲が深まるなら良いのかな、と。

そうこうしているうちに、22時の消灯時間。

電気が消えて少し落ち着いた子ども達は、ランタンの灯りをたよりに、再び本に向かってくれました。

もちろん興奮冷めやらぬまま本に気が向かない子達もいましたが、その子達はその子達同士で、小声でおしゃべりを楽しんでいました。

24時過ぎには静まり返っていた様子でしたが、果たして何時まで夜更かしをしていたのか。

そして、翌日。

まだまだ薄暗い時間からバヤ先生は朝食の準備をしてくれていました。

その音と匂いにつられてか、子ども達も続々と起床。

3時まで起きていたんだよ、と声高らかに報告してくる子数名。

夜更かしした子も、早く寝た子も、みんな寝起きと同時に元気いっぱいで、朝食時間まで読書や人生ゲームをして過ごしていました。

朝食は、カレーうどん。

朝から重くないかな、とバヤ先生は心配していましたが、みんな残さず食べてくれていました。

ご参加いただいたみなさん、今回もありがとうございました。

みんなお利口さんで、良い空気のままイベントを終えることができたと思います。

新しい本やお友達との出会いが生まれ、この日の体験が日常生活にも良い影響を与えることができれば嬉しく思います。

次回は年度末最後のお泊り読書会、3月7日の開催となります。

ご予約どしどしお待ちしております。

 

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です