学び舎子ども読書の会~名作~

1月18日(土)に行われた学び舎子ども読書の会の様子をお伝えします。

今月のテーマは「名作」。

各々が思う名作を持ち寄ってもらいました。

「これはすごい名作なんだよ」と、女の子がリュックから取り出したのは「すみっコぐらし大図鑑」。

確かに名作の定義は、それぞれが感動した度合いに寄りけりだなと、ハッとさせられました。

その他には、歴史年表、鉄道等々…。

きっと、きっとそれぞれに感動がある名作なのでしょう。もちろん、他にも様々な本を持って来ていました。

暖房の効いた静かな空間。

大人のぼくはうたた寝してしまいそうでしたが、子ども達は黙々と本に向かっていました。

そして、昼食後は読書感想画制作へ。

生粋の読書家の恒太先生と話し合いながら、絵のイメージを膨らませていました。

下書きして色塗りまではなかなか根気のいる作業。

合間にりんごを丸かじりしながら一息ついている、良い写真が撮れました。

みんなそれぞれのペースで頑張り、低学年の子は大胆に、高学年の子は綿密に、素敵な感想画を仕上げてくれました。

お疲れ様です。

今回はみんな様々な本を手に取ったり、交換し合ったりと積極的だったので、それぞれが新しい本と出会ってくれていたら嬉しく思います。

山王学舎のイベントの中では、最もゆったりとしている子ども読書の会。

たまの休日には、本と共にのんびりとした時間を過ごしてみませんか。

次回は1月25日(土)の10時からです。

ご予約お持ちしております。

 

 

 

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です