学舎 読書の会〜伝記〜

9日の土曜日は、学舎子ども読書の会でした。

今月のテーマは「伝記」。

まずは、みんなで持参した本を紹介し合うのですが、一人の男子は、最近ちょうど野口英世にハマっていて、同じ本を何回も読んでいるんだ、と意気揚々と話してくれました。

午前中はみんなで本を交換しながらのんびりと読み回し、午後からは感想画に取り掛かりました。

そんな中、一人の子が覚えている知識を年表に書き起こし出したので、それを見た周りの子も真似してみんなで年表作りが一気に始まりました。

黙々と書き進めていく子もいれば、偉人達の幼少期のエピソードにエネルギーを注ぎ過ぎ、肝心な活躍期へ辿り着くまでに集中力とエネルギーを使い果たしてしまう子もいました。

小学生らしいというか、僕も様々な面で最初に飛ばし過ぎて後から後悔する事がよくあるので、その姿がおかしくもあり同情できるので心から応援したくなりました。

そして、何度かの休憩を挟み、最終的には年表とセットで偉人達の肖像画まで、今回は完成させてくれました。

子ども達が自発的に始めてくれた今回の年表作りは、記憶をたどったり読み返して調べたりと、とても難儀な作業だったと思いますが、肖像画も含め最後までしっかりと頑張ってくれてました。

読書の会・伝記編の全体の形を、子ども達だけで作り上げてくれた事はとても喜ばしくもあり、心から感謝しております。

そして、30分程時間が余ったので、最後は近所の公園でみんなで思いっきり遊びました。
みんな本当にお疲れ様でした。

次回の読書の会・伝記後編は、2月23日(土)です。

参加者どしどしお待ちしております。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です