山王学舎子ども食堂開始!

, , , ,

10月14日(日)に山王学舎子ども食堂の第1回目を行いました!

山王学舎では福岡市子ども未来局総務企画課、福岡市博多区社会福祉協議会と連携して「福岡市食と子どもの居場所事業」として子ども食堂を開設しました。

当日は、山王学舎の男性スタッフが力こぶで頑張ってくれました。普段隠しておいた料理の腕前を披露すべくエプロンも自前でばっちりです。今回は「カレー」ということで食材を確認して、調理スタッフの手順と調理手順を打ち合わせしました。方向が決まれば、後は手際よく!山王学舎の調理器具は、業務用を入れているので火力が強いです。その分サクサク料理が出来るのが強みです。

 子どもたちも2階で勉強しながらソワソワ。お手伝いしたいことは無いか聞きに来る子どももいたり、普段お家でもしているのでしょうね。頼もしい限りです。料理が出来れば、2階に集まってみんなで元気よく「いただきます!」。

 今回は、山王学舎に関わっていない地域の子や、これから通いたい子も来て頂きました。少しずつ私達の取り組みを、食堂を通じて地域の方々にご理解頂けると幸いです。

夜も更けていく頃にはようやく子ども食堂は閉店となりました。子どもたちが食後にわいわいがやがやしている姿を見て、これからの姿が想像できました!来月も頑張ります!

自学の習慣化

, , ,

先週も夕方から山王学舎にて自学の習慣化事業を行いました。小学校や中学校が終わった後の放課後に、塾に行くほどではないけれど、少しずつ分からない教科や問題が出てきた時に最適な学びの事業です。

大学生や予備校の教員、地域のボランティアが子どもたちの宿題と、わからない教科や学びについてアドバイスをします。少しでも 翌日の学校が楽しくなるようにサポートします。

 小学高学年から中学生には、eラーニングの学びも取り入れています。宿題や自分が行う学びの範囲が終わったらタブレットを使って学年の学習を復習したり、予習したりすることが可能です。

 そして勉強が早く終わったら屋根裏部屋の秘密基地に立てこもる子どもたちです!落書きするなよ!

学舎の日々はこれから

, , , ,

昨日提携している、フードバンク福岡に出向きまして14日(日)に開催する「山王学舎子ども食堂」の食材を受け取りに行きました。全ての食材を自費で賄うのはなかなか難しく、また様々な団体と連携しながら福岡の子どもの健全育成事業に取り組むという考えから、フードバンク福岡と食材についての提携を結ばせて頂きました。

 その第一弾として、お米、バナナ、パン、お菓子等子どもが喜ぶ食材を頂きました。ここから不足している食材を調整して購入し、10月14日(日)の第1回子ども食堂の調理を行います。

子ども食堂というと先行している報道から、経済的に厳しいご家庭やサポートが必要な子どもに向けた取り組みと解釈されていることが多いようです。それは取り組みの深い部分で合って、もっと広い視野でみる子ども食堂もたくさんあります。地域の集まる場が高齢者だけの場になっていたり(それも重要な社交の場です)、子どもだけ、所属している人だけ、の属性に縛られている事を一度緩やかな地域に集まりの場として機能させてみませんか?そうするとお互いが良く見えてきたり、今まで知らなかった地域のことが見えてくるのではないでしょうか。

 もちろん常に地域の結びつきを強く求めているのではなく、ふとした時に緩やかなつながりがここにはあるなぁと「感じて」くれることからで十分です。強制でも必須でもない、出来るときに、思い出した時に。そのくらいからこの場所を捉えて頂ければ十分です。

子どもたちの学びが始まっています!

, , , ,

山王学舎では、施設の工事も引き続いて行われていますが、9月から子どもの「自学の習慣化」事業は始まっています。

 子どもたちは、小学校低学年から高学年、そして中学生まで様々です。その一人一人が、学校で出された宿題や、予習など、普段家だと集中して勉強できない事を先生たち御一緒に自習します。

 先生達は、あくまでもサポートに徹し、本人のペースで進めてもらいます。わからないところでつっかえてしまった時に、アドバイスや解法をちょっとだけ教えてあげます。

 また異年齢の学年のお友達がいることで、色んな相談や話が出来ます。学校でも家でもない強みがここにあると思います。

 そして子どもたちが大好きな「秘密基地の」のスペースです!大人も無理すれば入れない事はないですが…。この場所は子どもたちの自主性に任せて、いろんなお話や遊びが出来るように作っていきたいですよね。

 もうすぐ、「自学の習慣化」事業と「子ども食堂」事業のリーフレットが出来上がります。近隣小学校にはご案内として配布する予定です。皆様どうぞよろしくお願い致します。