子ども食堂~お弁当~

5月23日(土)は2020年最初の子ども食堂を開催しました。

まだ緊急事態宣言解除を受けて間もないということで、山王学舎での食事提供とせず、お持ち帰りのお弁当とこれまでフードバンクから頂いた様々な食材を、フードパントリーとして実施しました。

お弁当提供は初めての運営だったので事前にボランティアの方々と打ち合わせを行い、当日スムーズにお渡しが出来るように事前予約制とさせていただきました。

スタッフ・ボランティアで「お弁当屋さんが出来るね~」と気分も盛り上がるくらいの出来栄えで、みんな美味しくいただけたでしょうか。

まだまだ感染予防の油断できませんが、6月の子ども食堂は、福岡市の感染状況を様子見しながら是非開催したいと思います。

ご予約お待ちしております。

「山王学舎の子ども食堂・6月の実施予定日」

・6月6日(土)18:00~20:00(保護者同伴のみ21:00まで可)、献立「カレーライス」

・6月20日(土)18:00~20:00(保護者同伴のみ21:00まで可)、献立「未定」

 

山王学舎の学び舎お泊り読書会

読書経験が少ない子ども達でもじっくりと本と向き合えるよう、子ども達が大好きな「みんなと一緒にお泊り」の特別な体験と合わせて、自分が読みたい本や出会いたい本を一日かけて読み通す、読書を通じた宿泊体験イベントです。

各月ごとにテーマを変え、司書資格を持つ講師と参加者のお互いが自分のおすすめの本を紹介し合ったり、読んだ本の感想や絵を描く、複合的な読書体験を行います。

イベントの流れとしては、始まりの会で自己紹介をし合い、その後みんなで夕食をいただきます。

夕食は、山王学舎の先生が子ども達が喜んでくれるようなメニューを毎回考えて準備しています。

読書をする場所は、基本的に自由です。山王学舎の一階と二階の居心地の良い場所を各々で見つけてもらい、読書を行ってもらいます。

低学年の子達に向けては、本の読み聞かせも行っています。担当の先生達の迫力ある読み聞かせを、是非体感してもらいたく思います。

22時の消灯後は、一人ずつに寝袋とランタンを渡し、それを使って夜の時間を過ごしてもらいます。

ランタンの灯りで読書を続けるも良し、読書の邪魔にならない程度であればひそひそ話しもありです。

ちなみに、読書・就寝場所で子ども達の一番人気は2階の屋根裏部屋です。

そして、翌朝はラジオ体操(その日の参加メンバーのやる気次第)から始まり、10時のお迎え時間まで昨夜読んだ本の感想画を描いてもらいます。

こうやって一晩を通して、本やお友だちと触れ合いながら、本に興味を持ってもらえればと思います。

毎回様々な校区から参加していただいているので、子ども達も初対面同士ばかりです。ですが、すぐに打ち解けて、翌日には距離感が縮まっている印象です。

始めは緊張するかもしれませんが、興味ある方は気軽にご連絡、そしてご参加ください。

ご予約お待ちしております。

お問い合わせは特定非営利活動法人山王学舎まで

【電話】092-515-8752
【mail】info@sano-gakusha.or.jp

 

赤い羽根福祉基金よりご支援いただきました。

新型コロナ感染症の影響により、子ども達も様々な制約を受けています。子どもですから大いに体を動かしてのびのびと活動したいはずです。けれど今の環境ではなかなか難しいですね。

山王学舎がある福岡市でも不要不急の外出自粛、そして小学校中学校の休校措置が2カ月になりました。社会的にもこれまでのような生活を取り戻すというより、これから新しい取り組みを考えながら子ども達の居場所を守っていかないといけないと考えています。山王学舎では、赤い羽根福祉基金より、「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援活動助成事業」のご支援を頂くことが出来ました。4月の第1回の支援に引き続き第3回のご支援として今回採択されました。

支援頂いたものは、子ども達の居場所での食事や、学びの教材として活用させていただきます。

赤い羽根福祉基金を通じてご寄付いただいた方々に、この場にて感謝申し上げます。しっかりと運営、そして子ども達の活動の原資とさせていただきます。