学び舎お泊り読書会

11月2日~3日にかけて行われた学び舎お泊り読書会の様子をお伝えします。

 

毎月一回行われるお泊りイベント。

今回も元気な子ども達が本を持ち寄ってくれました。

19時に受付を済ませ、まずは夕食タイム。

バヤ先生が作ってくれた麻婆豆腐と餃子を、みんなでわいわい楽しくいただきました。

そして、20時から読書タイム。

始めに自己紹介も兼ねて、各々が持ってきた本を紹介し合いました。

六年生の男子が持ってきていた本は「新説・明治維新」。

維新のヒーロー坂本龍馬には誰が金を出していたのか、50億円相当と言われている大量の武器や軍艦の資金はどこから出ていたのか等、ぼくはお金に関するパートしか見れませんでしたが、その他歴史の裏側を調査した本のようです。

子ども達に人気の屋根裏部屋。

今回も異様に人口密度が高かったです。

下では低学年の子達が、先生と一緒に静かに読書に没頭していました。

読書の合間に絵を描いたり折り紙をしたり。

読書だけでは疲れてしまうので、息抜きも大事ですね。

一方、高学年は寝袋を引っ張り出し、各々のテリトリーを作って読書。

そして、22時に消灯。

興奮冷めやらぬ子ども達は、今夜は一睡もしない宣言。

毎度のことですが、子ども達にとってはたまのお泊り、誰が一番起きていられるか勝負が始まります。

まあ気持ちは分からないでもないですが。

限界チャレンジはさておき、消灯後もまずは本に向かい、ランタンの灯りで読書やおしゃべりを楽しんでいました。

翌朝7時。

どこまでチャレンジしたのか、高学年の子達は全く起きてきませんでしたが、そんな中、朝から読書をしている子もいました。

そして、頑張って体を起こしてもらい、朝食前にみんなでラジオ体操。

眠気まなこをこすりながら、みんな嫌々でしたが体中の血流を巡らせました。

体が起きたところで、朝食はフレンチトースト。

写真を撮り忘れましたが、フレンチトーストの甘みに興奮する子ども達。

さっきまでの寝ぼけ感が嘘のように、大盛り上がりで朝食も摂ることかできました。

ご参加いただいたみなさん、今回もありがとうございました。

読書はもちろんの事、異なる年齢、異なる学校の子ども達が集まるイベントなので、学校でのイベントとはまた違った経験が出来るのではないかと思います。

お泊りに初挑戦してみたいという子等も、是非練習の場としてご活用下さい。

みんなで読書を楽しみましょう。

 

次回は12月7日(土)19時スタートです。

ご予約どしどしお持ちしております。

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です